管理職になったらどれくらい給料がもらえるのでしょうか

年収を上げたいと思っている方で、管理職を目指し、日々の仕事に頑張って取り組んでいる方も多くいらっしゃることでしょう。一方で、管理職に、課長になることでいくらくらい給料をもらえるのかご存知でしょうか?

また、一口に管理職、課長と言っても大企業と中小企業ではかなり異なってきます。それでは一体管理職になれば給料をもらえるのでしょうか。また、どうすれば年収アップをさせることができるのでしょうか。

管理職と、年収、また年収アップについてお話をさせていただきたいと思います。

管理職の平均年収について

では、管理職になればどれくらい年収が出るのでしょうか。大手人材会社であるキャリアデザインセンターの調査では大企業(社員数が1000人以上の会社)の課長の平均年収が826万円、対して中小企業の課長の平均年収が547万円という調査結果を出しています。一口に課長といっても会社規模によって全く年収が違いますね。

さらに業種によってもその年収は異なってきます。金融業界の課長の平均年収は大企業、中小企業を合わせても826万円、化学・素材メーカーが809万円、電気機器メーカーが804万円であるのに対し、飲食・レジャー業界は515万円と300万円の年収差を生み出します。あなたが在籍する業界、企業規模によって全く異なる年収を出してきます。

ちなみに大企業だけフォーカスすると、一番高い業界はコンサル業界の939万円です。あなたがどれだけの年収を求めているのか、ということもありますが、お金の面だけみるならば早めに業界を変えて、年収を上げることが必要な方というのは出てくるということです。

管理職の平均年収について

では、管理職になればどれくらい年収が出るのでしょうか。大手人材会社であるキャリアデザインセンターの調査では大企業(社員数が1000人以上の会社)の課長の平均年収が826万円、対して中小企業の課長の平均年収が547万円という調査結果を出しています。一口に課長といっても会社規模によって全く年収が違いますね。

さらに業種によってもその年収は異なってきます。金融業界の課長の平均年収は大企業、中小企業を合わせても826万円、化学・素材メーカーが809万円、電気機器メーカーが804万円であるのに対し、飲食・レジャー業界は515万円と300万円の年収差を生み出します。あなたが在籍する業界、企業規模によって全く異なる年収を出してきます。

ちなみに大企業だけフォーカスすると、一番高い業界はコンサル業界の939万円です。あなたがどれだけの年収を求めているのか、ということもありますが、お金の面だけみるならば早めに業界を変えて、年収を上げることが必要な方というのは出てくるということです。

大企業で出世できるとは限らない

上記の結果を見ると、管理職を目指すなら大企業だと思った方は少なくともいらっしゃるはずです。しかし、1つ重要なポイントがあります。大企業には出世競争があります。1000人以上の社員が限られたポストを争うことになります。

そのため、同じところで出世競争をすることになりますし、大きな会社であればあるほど一般的には離職率は下がります。そのため、「上が詰まる」といった管理職のポストが空かないという状況も想定されます。

場合によっては、中小企業から管理職を目指すというやり方もあります。ただ、上記の数値を見ると、中小企業の管理職の平均年収は高くないとおっしゃる方もおられるかと思いますが、ここに数字のトリックがあります。このデータは中小企業の定義を1000人以下の会社とさせて頂いています。

そうすると、100人以下の会社も800人、900人規模の会社も一色単に算出した数値なんです。となると、企業規模を1ランク2ランク下げ、そこから管理職を目指すというのはやり方としては有効であるといえます。

管理職を目指す転職について

では、現状より会社希望の小さな会社へ転職して管理職になればいいという発想になるかと思います。ただ、それも一朝一夕でできるわけではありません。企業規模のランクを下げたとしても、転職してすぐマネージャーになれるわけではないですし、仮になれたとしてもあなたの活躍はかなり難しいです。

なぜなら、その会社にもマネージャーを目指して就労している方がいます。そんな方を差し置いて管理職として入社した場合、下からの軋轢は想像できるでしょう。加えて、プレイヤーと管理職の仕事は似て非なるものです。同じ営業でも人を動かすというのは決して簡単ではありません。下からの軋轢はあり、未経験の管理職としていきなり成果を求められるというのは、かなりの高いハードルです。そのため、早めに見切りをつけて、企業規模を下げ、その会社から管理職を目指すという動きというのが最もスムーズです。

会社に慣れ、所属社員と仲良くし、誰からも文句のない状況の中でマネージャーになるほうがあなたにとって得だと言えます。あなたの出世の機会と年収を上げることも大事ですが、長期的に継続して就労するというのが最も大事です。その点も踏まえて、出世機会を増やすための転職をしてみてはいかがでしょうか。

出世を狙わないという手もある

管理職になったから年収が上がるというのは、大半においてその通りなのですが、営業職やそれに準ずる方だと、インセンティブという制度がある会社があります。給与テーブルは一定で止まってしまいますが、成果を出せば出すほどあなたの年収は上げられるという考え方をするのもまた1つの方法です。職種は限られてきますが、自分の腕1つで稼ぐことが実現できる会社で働くという考え方も押さえていただけたらと思います。

計画、将来を見据えた行動を

いかがでしたでしょうか。年収アップということにおいて、出世というのはもっともわかりやすい方法です。今いる会社で出世して年収をあげられるというのが一番ベストです。でも、それが難しい場合は転職して、転職先でかつやくして管理職に昇進するという方法があるのは上述の通りです。

ただし、このような決定は場当たりでやるものではなく、計画的な活動というのが重要です。わからない場合は転職エージェントに相談するというのもよいでしょう。

また出世以外に年収を増やす方法もあります。あなたはどうやって管理職として年収を最大させるのか今一度考えてみてはいかがでしょうか。

■ 《40代・中高年に強い》評判のおすすめ転職サイト・転職エージェント比較一覧はこちら >>