50歳以上の転職は難しい

50歳以上の男性方で転職を考えている方も多数いらっしゃるでしょう。その理由は年収アップや会社で自分の立ち位置が危うくなった、親の介護で退職せざるを得なくなったなどあらゆる理由があるでしょう。

しかし、現実として転職市場で企業が欲しがる人材としては20代、30代が大半で、40代、50代においては非常に厳しいというのが現状です。

なぜなら転職市場において最も重要視されるのは年齢です。それは時にキャリア以上に価値があると企業が判断するケースも決して少なくはありません。では、転職に対してどのように進めたらいいのかお話をしたいと思います。

50代、男性の年齢と年収からみえる雇用事情

50代男性の平均年収をご存知でしょうか。50代前半の平均年収は50代前半で649万円、50代後半では599万円というのがその答えなのです。ここで何をお伝えしたいのかというと、50歳を越えてくると、希望退職を募る、親の介護で退職、また日産のような55歳定年の会社であれば55歳以降だと雇用形態が変わるため年収が下がってきます。

つまり、55歳を契機に年収は下がってくるものなのです。そこから年収に不満を持ち転職を考えてもみんな同じ立場だし、企業も55歳以上になるともう第一線の戦力と見なされないケースが多数なのです。

そのため、転職サイトには基本的に20代、30代を募集している求人があったとしても50代を募集している求人というものはまずありません。

いくら毎週新着求人にエントリーしても採用はおろか面接にまで進めることは少ないのです。シニア向けの転職サイトがマイナビからも先日リリースされました。確かにスキルの高いシニアの採用ニーズは増えました。

しかし、現状としては上述のように転職市場では50代のシニア層は弱い立場だということをしっかり理解してください。

年収が下がることを受け入れること

上述の通り、50代になれば転職をしようがしまいが年収は上がった後、60歳に向け下がっていく世代です。そこはある程度想定しておいてください。

むしろ50代のあなたに求人があれば御の字ですし、転職エージェントがあなたの転職支援をしたくてもできないという状況が続きます。そのため、30代、40代のうちからあなたがサラリーマンとしての価値が下がるということを想定しておくべきなのです。

そして、今の職場を大切にし、少々の不満でも、希望の年収がもらえなくなったとしても簡単に仕事を辞めるということはないようにしましょう。

ちなみに資格取得したから私は大丈夫と思っている方は大いなる間違いです。仕事をやめて資格を取得して新しい仕事をしようとしても新しい仕事につけることはほぼありません。

結局必要なのはこれまで積み上げてきたキャリアです。原則、そのキャリアを生かすためにどうすべきなのかが50代のビジネスマンが活躍する方法はないと考えて良いでしょう。

すでに退職をしてしまった方に

とはいえ、50代になると自身の親御さんや配偶者の方の介護などで退職を余儀なくされることも少なくありません。そうやって一度退職した後、あなたの希望する業界・業種で働けるとも限りません。

しかし、あなたの希望通りとはいかないものの、正社員として働く環境がないわけではありません。ではどんな働き口があるのでしょうか。

一例とすれば、タクシードライバーがそこにあてはまるでしょう。歩合制で、深夜勤務が増えるなど中高年の方においては決して楽ではありません。

しかし、業界未経験の方は、最初固定給が多めに支給され、慣れるまで一定の期間をもらえますし、なにより安定して収入が入るという点はメリットも大きいでしょう。専門の転職サイトもあり、そこで求人情報が得られます。

また、非正規採用ではありますが派遣であれば工場の期間工という働き方もあります。こちらはアルバイトサイトなどに求人が掲載されています。

このように、選ばなければ、また前職と同じくらいの年収を確保を求めなければ仕事はあります。これまで積み上げてきたキャリアを大事にするというのが転職において重要となりますが、状況においてはそれを捨てるというのも必要だということも認識してください。

50代の転職は選べない

いかがでしたでしょうか。50代の男性において、年収は55歳を境に下がってきます。それに対し、不満に感じて転職をされる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それは年齢というファクターであなたの市場価値が下がっていることに他ならず、他社でも同様のことが起きています。そのため、あなたが転職することは簡単ではないでしょう。

そのため、転職活動を行うのはOKですが、不満で退職するのは賢いやり方とは言えないでしょう。在職中の中で必ず転職活動を行いましょう。

そして、すでに退職してしまった方は、あなたを求めてくれる「落としどころ」にエントリーし、安定した収入を得ることが大事でしょう。今の自分を理解しながら最善の活動を行うというのが必要なのです。