中高年女性はパート・アルバイトの世界で人気があります

50代の転職・再就職というのは非常に難しいというのは定説です。40代、50代の方の転職の話をすると非常に暗い話が出てくることも少なくはありません。

しかし、その一方でパート・アルバイトの世界では50代の女性が今注目されています。なぜ、このような状況がうまれているのでしょうか。本編では50代といった中高年のパート・アルバイト事情についてお話しをさせていただきたいと思います。

中高年女性は非常に重要な働き手

なぜ中高年、特に50代の女性はアルバイトやパートの世界で人気なのでしょうか。その理由として、日中を中心に比較的自由がきくからです。結婚した50代の女性だと、違いこそありますが、子供も成長して、もしくは中高生といった手がかからない世代になってきます。

また、50代の女性というのは非常に経験が豊富です。コミュニケーション力も非常に長けた方も多くいらっしゃいます。その経験を買い、販売スタッフはもちろんのこと、保育園での勤務など非常に多岐にわたります。また、離婚・独身の女性も多く存在するため住み込みの契約社員の募集などを行っている会社もあります。

全体的な話をすれば男性に比べて女性は細かな作業に向き、管理をするような仕事の適性が高いです。下手に20代後半や30代の女性を雇うより、非正規雇用限定の話になる話ですが非常にニーズは高く、アルバイトサイト等でも募集がかかってるケースも少なくありません。決して多くのお金を稼げるとまでは言いませんが、あちこちのパート・アルバイトで活躍中なのです。

どうやってあなたに合う求人にエントリーできるか

では、そんな中高年の女性に適した求人情報はどこから入手するのでしょうか。結論から言えばアルバイトサイトや派遣サイトで簡単に手に入ります。上述の通り仕事内容は多岐にわたり、中にはフルタイムの勤務時間を提示しているものも多数あります。

雇用形態は契約社員、派遣、アルバイトといった非正規雇用の求人が大半となりますが、今まで子育てに使ってきた時間を労働に使えるという点でメリットもありますし、若い世代のアルバイトは夕方以降に固まるところもあり、主婦層の希望時間となる日中というところと考えても労働時間の希望も叶いやすいでしょう。

全国的にも50歳以上の女性の就業率は上昇

また、みずほ総合研究所の2014年の調査では、すでに労働市場においても女性の就業率は上昇しています。また、各都道府県の地位差も年々減少してきています。

この原動力となったのはやはり既婚の50代以上の就労率が上がったことが一番の要因となっています。景気の上昇は当時より非常に顕著であり、各企業の人材のニーズが増えてきていることからもさらなる就労割合の上昇が想定されます。

また、関東を中心とした各都道府県において女性をの就労を応援する取り組みがなされており、その点もこの状況を好転させてきています。安倍政権も一億総活躍社会の実現を謳っているようにこの動きは今後さらに加速しています。

安心して中高年の女性が働ける社会ができていると考えていただいてよいでしょう。

課題は正社員での就労

確かに非正規の労働枠、特に女性に対する働き口というのは社会全体で広がってきています。しかし、一方で課題は正社員採用です。

一般的に、40代、50代の中高年の方は正社員採用に関していえば男性、女性問わず中高年世代においては厳しい状況は続いています。非正規の求人は人材が必要なので豊富といえるレベルまで増えていますが、正社員の採用は非常に厳しいままです。

この状況はバブル、リーマンショックの影響で一度正社員として抱え込んだとしても、正社員の場合は景気悪化、業績悪化時の放出が難しいということもあり、そう簡単に採用をしてくれないというのが現状です。

正社員のお仕事を希望される方は、転職エージェントや正社員向けの転職サイトに登録し、時間をかけて仕事探しをすることが必要となります。このあたりは今後も国や行政、各企業の企業努力で改善してもらいたいものですね。

労働市場の変化は確実に起きています

いかがでしたでしょうか。今非正規雇用の世界は、中高年の女性を中心に労働状況が改善してきています。事実、中高年女性に向けた非正規雇用の求人が求人サイトを中心に数多く掲載され、労働力を欲している各企業の多さがうかがえます。

しっかり働きたい人が確実に働ける社会というのが徐々にではありますが確実に実現しています。また、今後も安倍政権の労働市場の改善は進み、一億総活躍社会に向け進んでいくでしょう。

正社員採用に関しては50代はおろか、40代、30代後半に至るまで引き続き厳しい時代が続くでしょう。正社員を目指したい中高年女性にとっては一部企業の企業努力やアイディアに依存することになるでしょう。労働環境の改善は簡単ではありません。

とはいえ、どんなに世の中が改善されようと、あなたが活躍できるための業務遂行力、実力がないと資格などを持っていたとしてもそれらを生かすことはできません。しっかり能力を醸成していくこと、まずは世の中の変化云々以前にそこにとりくみましょう。