仕事ができず、職場で浮いている方

50代で仕事ができない場合、他の同期はどんどん昇進していき、自分だけが平社員という状態になっていることが多いです。

そんな場合は他の平社員である20代~30代の若手と一緒に働くことになるため、非常に気を遣われ職場でも浮いてしまうことを気にしてしまう方も多いのではないでしょうか。

ここからキャリア思考に転換して働くことも難しいですし、今の状況から他の社員から浮かずに働いていけばよいのかと悩んでいる方のために、今後働きやすくするための改善方法をまとめてご紹介します。

どうして仕事ができないのかの理由を探る

仕事ができず、出世街道から外れた方の中には共通した「仕事ができない理由」をもっていることがほとんどです。その理由をまとめてご紹介していきます。

・目標を捉え違っている

会社員である場合、会社が目標とするところを把握して動くことが仕事となります。50代で仕事ができないという評価を下されている方は目標を意識していない仕事をしていること、あるいは目標を捉え違っているなどの問題があり、皆と晋方向が違うため仕事ができない人と捉えられてしまっています。

企業が求めている方向性と違う方向に走っていけば、評価は低くなりますし、企業として求める成果も上がりません。

定期的に目標を確認して調整する機会を設けずにいると評価が低いままとなり、いつかリストラ対象となる可能性が高いです。50代だと早期退職なども勧められ、定年まで勤め上げられないなどの問題がでてきますので、注意が必要です。

・仕事のやり方に工夫がない

長年勤めているにも関わらず、仕事のやり方を工夫していないため数十年間まったく改善がされていないケースがあります。

そういう方の場合、仕事は現状維持をしていればよいという風に思っているケースが多く、なんの工夫もせずに、考えることをやめた状態で勤務をしています。本来現状維持は退化であり、現状維持を考えた瞬間から退化が始まっているのですが、この勘違いによりなかなか改善がありません。

その結果、仕事のやり方が数十年変わらないという状態を生んでしまうのです。

考えればもっと効率の良い方法があるにも関わらず、それを実行しないために誰よりも効率が悪く、一生懸命働いても成果が上がりにくいという状態になります。

また職場で浮いてしまっていること、年齢が高いこと、学ぶ姿勢がないことなどによって、他の人から何も意見をもらえなくなってしまうという傾向もあります。このような態度を改めない限り、改善できる状態に進むことはなく、職場から浮いてしまう状態が続きます。

・周囲との協力の仕方を知らない

仕事ができない方の場合、自分のやり方にプライドを持っていることも多いです。そのため、周囲の方と協力して何かを行うということができません。

他の方からすると、「一緒に仕事をすると面倒だ」という風に感じられることも多いため、なかなか他の社員に協力をしてもらうことも難しくなってきます。

コミュニケーションの取り方自体を変えていかないと協力してくれる方を募ることもできません。さらに情報が入ってきにくくなり、より悪い状態に落ちていってしまうのです。

職場を変えるよりも働き方を変える

50代以上になってくると、通常でも転職先を見つけることは非常に難しいです。さらに平社員であれば、他の企業も雇いたくないと考えることがほとんどです。

転職サイトにも50代平社員向けの案件はほぼ載っていませんし、転職エージェントでも50代向けの案件は経営者役員クラスの案件がほとんどです。その年齢の転職の場合は実績を聞きつけてヘッドハンティングされる形式が多いため、一般的に出回るような場所には出てこないからです。

50代で仕事ができない方の場合、会社でも浮いてしまって働きづらいと感じていることが多いです。そのため「仕事を辞めて別の職場に行けばまた状況が変わるのではないか」という風に考える方も多いです。しかし、職場を変えても意味がないことがほとんどです。どの職場でも働き方を変えなければ遅かれ早かれ同じ容態を招いてしまうからです。

会社はその方に払っている給与の3倍利益を目指さなければ、保険料や他の税金負担で「雇っているだけで赤字」の状態になります。

あなたは現状、給与の3倍の利益を生み出せているでしょうか?自分の働きづらいという状況に効果するのではなく、企業に対して給与の対価として利益を上げられているかどうかという観点も重要視して仕事をするようにする必要があるのです。そのように考え方の改善をすれば、自然と成果もあまり周囲の社員もみなしてくれる可能性があります。

周りの社員との関係を改善するには、今までの自分の過ちを謝罪し新たな関係を築いてもらえるように依頼することが必要となります。職場を変えることは非常に難しいですが、年齢を重ねてから働き方を変えることも非常に難しいです。

しかし、無職になってフリーターしかない仕事で働くようになるか、もしくは定年まで勤め上げられるかのどちらを選ぶか自分で決めて行動を変えていくことが必要となります。

50代からでも働き方は変えられる!

50代で仕事ができない状態であっても、自分に変わる気があれば始めるのに遅すぎることはありません。リストラをされる、早期退職を勧められる前に、自分の働き方を変えて充実した社会人生活を送ってみてはいかがでしょうか。