中高年で無職は悲惨です

40代、50代といった中高年になると親の介護、またリストラなどの対象となり、退職リスクが増えてきます。また、病気や健康面のリスクなども発生しやすい年代といえます。そのため会社を退職し、再就職を目指される方もいらっしゃるでしょう。しかし、このような50歳以上で無職の方は再就職というのは非常に厳しい状況です。

なかにはずっと仕事がないまま悲惨な人生を歩む方も少なくありません。では50代無職の方はどうすべきなのかということをお話しさせていただきたいと思います。

まずは辞めない方法を考える

まずは大前提として会社を辞めてはいけません。自身の親の介護等であれば介護休暇といった制度が会社にあればそれを利用しましょう。また、ホームヘルパーのようなサービスは世の中にたくさんあるので利用しましょう。病気や健康面が不安であればそのことを会社に相談しましょう。

一時的に職場を離れたとしても、なるべく職歴にブランクを開けないようにしましょう。一度仕事を辞めてフリーターやニートになった50代はおろか、20代、30代でも苦しくなってしまいます。

心情的に会社に迷惑をかけたくない、せっかく育ててくれた親をないなしろにすることはできないなどやむを得ない事情はあります。しかし、現実は厳しいものでどんな事情があれど職歴にブランクを開けてしまえば会社としては戦力として見てくれることは少ないでしょう。それはどんな資格を持っていても関係ありません。

リストラの場合であれば限界まで粘り、その間に転職活動を少しでも進めましょう。恥や外見を捨ててどんな手を使っても会社に残りながら転職活動をお進めることをおすすめします。

それでもすでに退職しているなら

とにかく収入を得られるスキームを構築しておきましょう。まず、会社都合で退職した場合だと、50代の方の場合、最大1年弱(330日)もらうことができます。そのため、必要な手続きをハローワークに行って行いましょう。

また、外資系の場合だとすぐやめるように言われることもあります。その場合は解雇予告手当を請求することもできますので請求しましょう。

とにかく重要なのはお金をもらう方法を考えることです。失業において、一番大事なのはお金です。お金の心配を最初にしましょう。

50代 ブランクが開いてしまった場合は

もしもブランクが開いてしまった状態で再就職を行う場合は、仕事を選ばないという覚悟を決めましょう。アルバイトで食いつなぐことはもちろんのこと力仕事や深夜の労働なども覚悟しましょう。もしも海外で就労機会が得られるならそれも選択肢に入れましょう。

最も無難に再就職ができる先は介護職タクシードライバー期間工の派遣などがあげられます。こういった仕事も視野に入れましょう。これらの仕事は専門の転職サイトがあり、そこからエントリーすることができます。

サイトによっては、転職が決まった後にお祝い金として1月の月収並みの収入を得られるケースも決して少なくはありません。応募も簡単に行うことができるので、職がなくて困っているという方にもっともおすすめできる方法でしょう。

ただし、50代だと体力面に不安を感じるでしょう。その割に年収は退職前と比較し、かなり低い金額で働くことが求められることが想定されます。しかし生活のためには背に代えられない判断をしなければなりません。そのような現実をしっかり認識しておくことが必要です。

40代、50代でブランクができてしまった方の最悪なケース

私が転職エージェントとして経験しているケースとして、家族の介護などでブランクができてしまった場合、自社のホームページや転職サイトを通じてエントリーしたいという依頼をいただきます。にもかかわらず、企業に推薦したところで企業はそういった人をウェルカムだとしてくれません。

薄情かもしれませんが世の中そんなに社会人生活をストップした人を即戦力として採用することは0に等しいです。そうやって自身がみとめられずに、引きこもって負のスパイラルに入っていくというケースも少なくはありません。

親の介護、会社の合併等のリストラ、病気など何があっても会社は辞めてはいけません。親の介護ならデイケアサービスなど使えば事足ります。薄情と言われようとなんであろうと子供の不幸と、自分の介護を天秤にかけ、自分の介護を優先させる親は稀でしょう。そうなる前に説明をしておけばいざというときに対応はできるでしょう。

外資系の会社である合併に伴う解雇というのは、「違法」です。海外の会社は日本でビジネス活動を行っている以上、日本の法律は絶対です。いざとなったら労働センターに駆け込むなどの措置をとっても良いでしょう。病気などの場合も解雇に至るまではプロセスを経ていないとできません。それだけ日本の法律は厳しく設計されています。

労働関連の話になると法律が軽んじられるケースがありますが、本来あってはならない話です。その代り働くうえで不利な内容を突き付けられるかもしれませんが甘んじて受け止めましょう。それだけあなたが会社に在籍していることが会社にとって軽くないのです。

絶望的な人生を歩まないために

いかがでしたでしょうか。人生生きているとあらゆる場面があります。それは会社を辞めなければならない場面もあるでしょう。しかし、どんなことがあっても自分のキャリアを途絶えさせてはいけません。

キャリアを途絶えさせてしまったら、貯金がなくなり生活費もなくなり、生活保護になり窮屈を強いられる生活になる可能性もあります。

それはあなたの人生、またあなたの配偶者や子供の人生もボロボロにしてしまうのです。辞めてからのことより辞めないように、やめるなら次が決まってから辞めるということを肝に銘じておきましょう。