転職が難しい40代でも再就職はできる!

再就職や転職が難しくなってくる年齢といわれる40代。正社員として働いていたのにリストラされてしまって再就職をすることになった方、主婦業や子育てでキャリアが分断されてしまっていたけれど、以前行っていた事務職への復帰を考え始めた40代女性など、この時期の転職にはさまざまな理由があります。

今回の記事では、40代女性が転職を成功させるために必要な「求人が多い時期を狙う方法」、「自分にあった就職先の見つけ方」などをご紹介していきます。ぜひ参考にして自分が求めるキャリアを再構築してみてくださいね。

40代女性の転職活動に必要なこと

40代の女性が転職あるいは再就職を行う際に必要なポイントとして挙げられるのは、主に下記の3点です。

◯転職市場の状況把握
◯自分自身が希望する働き方の明確化
◯キャリアの棚卸し

特に再就職などで社会から離れていた場合は、企業と同じような感覚を持てるようになる、取り戻すのに時間がかかる場合があります。自分が把握している状況と企業が把握している状況が違えば、「感覚がずれている人」とみなされてしまいます。この感覚が埋めづらいということを企業側も把握しているため、採用対象者から外される可能性が高いです。

ぜひ、理想的なキャリアを構築するためにも、この3点を抑えてから活動を始めてみてください。次の章から詳しくご紹介していきます。

転職市場の状況把握

まずは「40歳以上の方に対して転職市場はどう捉えているか」、を把握していきましょう。自分のスキルや特定の業界に関連する技術、良い評価をもらえる経験、など企業から採用したいと思われるようなポイントが自分にどのくらいあるのかを知ることが大切です。

実際社会から離れて長い方、あるいは一社で長く働いてきた方は他の業界や企業のことがわからない場合もあります。たくさんの知識と情報を持っている、転職エージェントなどのサービスを利用し、必要な情報とアドバイスをもらえるように動きましょう。

年間で求人数が多い時期や自分の希望にあった転職先企業がどのくらいあるのかなどを教えてくれますよ。また、応募、面接、採用までなど、徹底的なサポートを無料で受けることができますので、利用しない手はありません。

客観的に転職市場から見たあなたの評価を伝えてくれるため、キャリアの棚卸しもしやすくなります。

■ 《40代・中高年に強い》評判のおすすめ転職サイト・転職エージェント比較一覧はこちら >>

◯自分自身が希望する働き方の明確化

独身女性であれば、ある程度の年収を得るために正社員として働く、社会に復帰することを目的としてパートやアルバイトとして働くなども考えられます。既婚女性の場合でも親の介護や自分自身の体調などで正社員を辞めざるを得ず、時間の決まった派遣社員に登録し、働くことしかできない場合もあります。

このように、自分や自分以外のことも理由となり、労働条件が厳しいという方も多くいらっしゃいます。

特に日本の場合は一度仕事を離れ、ブランクがあると再就職が難しい環境です。「特別なスキルがないと…」、「未経験では人気の業界や会社で働くことはできない」と思ってしまいがちですが、現実と自分が働ける労働条件を過不足なく把握して活動を始めるようにしましょう。

◯キャリアの棚卸し

40歳を超えれば年齢も気になる時期であり、転職を成功させるためにはどのようなことを心がければよいのか、企業向けに経験をどうアピールするか、などの知識が必要です。もちろん転職エージェントでも教えてもらえますが、自己分析を行い精度を上げておくことが大切です。

自分が働きたい業界を見ることも大変重要ですが一方で転職エージェントなどで得た、自分のスキルや経験が評価される業界などを希望先とするなどフレキシブルな考え方をすることも転職や再就職を成功させるポイントとなります。

しっかりキャリアが棚卸しできていればこのようなアピール方法も効果的となりますがきちんと棚卸できていない場合はうまくアピールすることができずに転職活動に苦戦する可能性があります。

一度じっくり時間を取って自分が行ってきた仕事で、どのような能力がついたのか企業から評価されたポイントはどこだったかを振り返るようにしましょう。

棚卸しによって自分に自信が持てるポイントを見つけておくと、面接などでも効果的なアピールをすることができます。

主婦から仕事に復帰するためのおすすめ資格

一時期専業主婦として過ごした方が再就職を行おうとした場合、非常に難易度が高いことはお伝えしました。しかし、再就職をする場合におすすめの資格があります。いくつかご紹介していきますので、参考にしてみてください。

例えば事務職の経験がある方であれば、簿記2級以上を取得していることで経理関連のお仕事につける可能性も高くなります。

他にも事務経験や営業経験があって宅地建物取引士などの資格を取れば、事務や営業スタッフ兼、宅地建物取引士資格を持った人の説明業務を並行して行うことができます。採用されやすくなるだけでなく、年収を大幅にアップすることも可能です。

これまで経験がある業務以外でも、保育士資格を取得することや介護業界の資格を取得すれば、長く働けるキャリアを新しく構築していくことも可能です。

このように今度の再就職で求める年収や働き方労働条件などを決めておけば、取得するべき資格も定まってきますし、受けるべき企業も自然と絞り込まれていきます。

このようなポイントを意識しながら、自分にあった転職先を見つけてみてください。

諦めずに根気強く行えば道は開ける!

一般的に転職や再就職が難しいと言われる40代女性でも必要な情報を手に入れプロのアドバイスを受けながら地道に活動していけば就職先を見つけることができるはずです。

たとえパートやアルバイトの勤務であっても、大切なのはその人の働く姿勢や実際の取り組み方です。十分正社員としての勤務に匹敵する場合も多いです。ぜひ自分の能力を棚卸しして、この先のキャリアを充実したものにしてみてください!