中途採用の面接ではどんなスーツを着ていくべきなのか?

【参考】面接対策、履歴書添削、転職のアドバイスが無料で受けられる転職エージェントとは?

初めて中途採用面接を受けられる40代の方で、面接のときにどんなスーツを着ていくべきなのか迷っている方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。就職活動の時は、ピカピカのリクルートスーツを着て面接に臨んだものだと思いますが、さすがに40代でそこまではしなくていいのかと思われるのではないでしょうか。

また、女性においては、ビジネスカジュアルで普段働かれているため、やっぱりスーツをしっかり着ていかなければならないのか、スカートとパンツスーツとどっちがいいのか迷われている方もいらっしゃるでしょう。

それでは転職活動の際にどんなスーツを着ていけばいいのか、40代の方における面接時の服装についてお話ししたいと思います。

【男性】普通のビジネススーツで大丈夫!

男性に関しては普段仕事で来ているビジネススーツで問題ありません。ただし、業界の方によっては、いわゆる「ジャケパン」という比較的ラフなビジネススタイルの方もいらっしゃるかもしれませんが、面接時では避けたほうが無難でしょう。

靴に関しては普段使われている革靴でOKです。ローファーでも大半の企業では問題ないと思いますが、なかには、「ローファーはビジネスで使う靴ではない」という方が中にはいらっしゃるかもしれないので避けたほうが無難でしょう。

しかし、あとは清潔感のある恰好さえできていれば男性の方は、普段仕事で使っているスーツをそのまま着て面接に臨めば良いかと思います。女性に関しては、仕事中の服装は会社、また個人により異なるためこちらについては次の章でお話ささせて頂きたいと思います。

【女性】面接時の服装について※一般的なスーツで臨みましょう

それでは40代の女性の面接時の服装に関してお話ししたいと思います。基本はビジネススーツ、もしくはジャケットで臨むということで問題ありません。もっといえば、ビジネススーツで臨むことがマストだとお考えください。

上記以外の格好で行くと、会社側が採用したい人物像に沿わない可能性があるのでそこは最初に意識してください。そのうえで以下5つのポイントを意識してください。

① スーツ


出典:スーツのAOKI【AOKI公式通販】

上述の通り、面接にはスーツ、もしくはジャケットで臨んでください。ただ、いわゆる新卒の女性が来ているようなリクルートスーツというのは率直にいえば違和感を受ける可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

しまむらなどのファストファッションにも安くて質の良いスーツが売っていますので、新調してもいいと思います。

スーツの色は黒、紺、グレーを選ぶと良いでしょう。ただし、真っ黒なスーツは人によってはお葬式みたいな感じになり、ちゃんとした服装にも関わらずインプレッションが悪くなる可能性があります。黒を着て印象が悪くなるくらいなら紺のほうが良いかもしれませんね。

たまに、面接の場とは思えない華美な服装、これから結婚式やお子さんの入学式に行くような格好の方がいらっしゃいますが、面接官はあっけにとられ、それだけでNGにされる可能性があります。無駄なおしゃれはNGです。TPOをわきまえた服装にしましょう。

② インナー


出典:スーツのAOKI【AOKI公式通販】

インナーについては襟付きのシャツを選ぶほうが無難です。これには特に理由はありませんが、中には「襟がないとダメ」と声高に叫ぶ面接官もいるようです。

個人的には襟があろうがなかろうが問題ないと思いますが、そういうお堅い面接官が中にはいるという認識のもと避けたほうがいいかもしれません。

ただ、襟があってもフリルがついているなど派手だと捉えられる格好はTPOをわきまえていないという判断もあると思いますので、これも避けましょう。面接にファッション性は必要ありません。

③ 靴、カバン、時計などの小物について


出典:大阪KAZアカデミー

・ 靴

いわゆるビジネスシーンで使う革靴であれば問題ありません。面接前にはしっかり磨いて清潔感をもてるようにしておきましょう。いないと思いますが、ミュールやブーツは絶対NGです。

・ 鞄

意外にチェックしている面接官はいます。デザインは派手でなく、履歴書・職務経歴書、また面接で時に企業のパンフレットをもらう場合もあるかと思いますのでそういったものを折り曲げずに入れられるものが良いでしょう。

・ 各種小物

指輪、ピアスについてはつけない、時計も華美でないものといったイメージでよいかと思います。迷ったら外すくらいで良いでしょう。

④ 髪型

基本は清潔感を保ってください。ボサボサな髪の毛は厳禁です。髪の色は黒か茶色で派手すぎる髪の色は印象が悪いので止めましょう。

ロングヘアーはおろしているより、まとめた方が印象が良い傾向にあります。白髪が目立つ方は黒染めしておいたほうが若い印象を持たれます。

⑤ 化粧

派手な化粧・マスカラやノーメイクをさけたナチュラルメイクで臨めば問題ありません。

要は、派手な格好にならず、面接に臨むうえで清潔感をもった、またビジネスシーンに合った格好であれば良いのです。主婦の方はパートの面接を受けに行くのとは少し違うと思って下さい。

▼合わせて読みたい記事!
40代女性の転職面接にふさわしい服装・髪型のポイント5つ

面接を突破したいあなたへ~転職エージェントを利用して効率的に転職活動~

40代の面接は30代や新卒の就活とは異なり、経験値がある分一つのミスが面接官の印象を悪くして「不採用」なんてことになりかねません。

転職エージェントを利用すれば、企業情報や企業ごとの対策、面接対策セミナー、採用される人の傾向、質問例、面接の雰囲気などを事前に確認できます。

また模擬面接ではあなたの弱点を客観的に指摘してくれます。事前に面接対策をしっかりと行うことで、面接合格への近道になります。

この記事を読まれているあなたは、内定一歩手前まできています!無料で面接対策を行ってくれる転職エージェントを利用しない手はないです。

面接対策に強いエージェントはリクルートエージェントJACリクルートメントです。

リクルートエージェント・・・最大手の転職エージェント。面接力向上セミナーで受講者面接通過率15%アップ

JACリクルートメント・・・企業ごとに質問と回答をシュミレーション。英文レジュメの添削あり

面接は最終的には経験値と性格や相性を確認する場です。転職エージェントで面接対策を行い、確実に内定を貰いましょう!

ビジネスシーンにあった格好をすればいいだけです

いかがでしたでしょうか。大切なのは相手の印象を悪くしない格好をすればいいだけなのです。それは正社員、アルバイト、パートの面接でも共通して言えることです。

男性であればジャケパンは避ける、女性であればスーツで襟付きの服をきちんと着ていれば、あとは印象さえ悪くならない、華美でなく清潔感のある格好をしておけば特段問題ありません。むしろ気を使いすぎてそこに時間を取られるほうが問題です。夏場の面接でもジャケットは必ず着用しましょう。

事前の面接対策、会社について、当日のスケジュールについての確認に時間をしっかりもって良い結果を導けるようにしましょう。

面接対策はハローワークや転職エージェントでも行っています。リクルートエージェントの面接力向上セミナーは受講後面接の通過率が約15%アップし、受講満足度は97%と驚異の数字を誇ります。JAC Recruitmentは求人情報を熟知しているので面接対策に関する情報も手厚いです。

40代での失敗できない転職は頼れるもの、使えるものは徹底的に利用していきましょう。